老人

納骨堂を利用すればコスト削減が実現する!

宗派は関係ありません

お墓

死亡後も安心です

近年少子高齢化が進み、亡くなった後に自分のお墓のお世話をしてくれる人がいないという方も増えてきています。そのため永代供養のニーズが高まっています。永代供養とはお墓参りをしてくれる人がいなくても、永代にわたりお墓の管理や供養をしてもらえるお墓のことです。つまり子供がいない方・自分が亡くなった後の家族への負担を軽減させたい方・費用を抑えたい方などにはおすすめです。京都で永代供養を希望する方は、京都の信頼できる寺院や霊園に依頼することが大切です。京都で永代供養をする場合、事前に永代供養ができる場所をネット等で探しておきます。気になる場所を何か所かピックアップし、資料を請求します。次に実際に永代供養をお願いしたいところを見学します。このとき供養の方法や納骨のされ方、そこから見える景色や駅からの距離などを確認しておきます。後々は誰もお参りに来れなくなっても、当分の間はお参りされる方がいる場合は通いやすいところであることも重要です。また納骨のされ方はロッカー式・仏壇式・自動搬送式など様々です。その他にも、仲間と一緒にお墓に入る共同墓などもあります。これらのお墓は料金設定も異なるため、自分のニーズに合ったものを選択することが大切です。そして自分の納得のいくところを見つけた後、見積りを出してもらい契約を結びます。京都には永代供養ができる場所が多くあるため、自分が元気な内に探しておくことが大切です。