老人

納骨堂を利用すればコスト削減が実現する!

新しい埋葬形式

お墓

お墓の管理を一任する

従来、わが国では故人の遺骨をその家代々のお墓に納め、子孫が守っていくという埋葬形式が一般的でした。しかし最近では、これと異なる形で普及が進んでいるのが、永代供養というシステムです。永代供養とは、家族等に代わってお寺や霊園が永代にわたってお墓を管理し、命日や彼岸などに供養を行うことをいいます。ただ、永代といっても実際に未来永劫というわけではなく、通常は30〜50年程度で合祀されます。ただ、合祀後もその施設が続く限りは定期的な供養が行われます。京都には、永代供養を取り扱っている寺院や霊園が多数存在します。施設の様態はさまざまで、通常のお墓もあれば、樹木葬など特定の墓碑を持たない形式のものもあります。京都の市中で目立つのが、納骨堂と呼ばれる埋葬施設です。これは1つの建物の中にまるでマンションのように遺骨の安置スペースが並んでいるもので、一般の墓地を利用するよりも費用が安いという特徴があります。具体的に施設を探したい時は、インターネットで「永代供養京都」などと検索すると、京都における施設の情報を得ることができます。永代供養を利用する場合は、原則として諸費用を一括して前払いします。そのため一般の墓地と異なり、年間管理料を支払う人がいなくなっても、つまり子孫が絶えたとしてあらかじめ定められた期間はずっとお墓を管理してもらえるという利点があります。また、生前に利用を申し込むこともできるため、子供のない人が自ら選択するという活用法も増えてきています。