男性

納骨堂を利用すればコスト削減が実現する!

墓地の特徴

レディ

神奈川にある霊園の特徴としては墓地が平坦になっているため、駐車場からお墓まで楽に移動する事ができ、体力の衰えた高齢者でも安心です。また神奈川の霊園はバリアフリーに対応しているため、道幅が広く車椅子でも安全に利用する事ができます。

新しい埋葬形式

お墓

永代供養は、故人のお墓を家族に代わってお寺や霊園が一定期間管理し、供養するという埋葬形式です。期間経過後も合祀のうえ菩提を弔ってもらえます。京都にはさまざまなスタイルの永代供養施設がありますが、特に多いのが納骨堂です。

宗派は関係ありません

お墓

京都で永代供養をするなら、お寺や霊園選びが重要です。まずは、気になったところを見学することから始めましょう。また、比較しやすいようにあらかじめ資料や情報を集めておくとスムーズです。家族や親族が墓参りしやすいように立地や景色から選ぶのも大切です。

お墓の新しいかたち

男性

細分化されたシステム

東京では、人口がとても多いため、お墓を建てたくても土地がなく、購入できない人がとても沢山います。そのような中で、近年とても注目されているのが納骨堂です。納骨堂とは何か、わからない方も多いでしょう。納骨堂はお墓とは違い、土の中に遺骨を埋葬するのではなく、お寺や霊園などが管理する、施設に預けるというスタイルになります。納骨堂は、ロッカー式や仏壇式、暮石式、機械式などがあり、お墓のように広いスペースを必要としないため、東京など土地がない場所でも遺骨を収めることができるのです。中でも機械式は、参拝する部屋で専用カードを機械にかざすと、遺骨が運び出されるシステムになっています。とても現代的であり、納骨堂によっては24時間対応している場合もあります。そのため、働く時間帯が様々な東京などの都会で利用者が増えていくと考えられます。お墓は管理が大変であり、また後継者を必要とします。しかし納骨堂は永代供養なので、子供がいない方や身寄りのない方、お墓の管理ができない方などでも、安心して利用することができるのです。納骨堂が注目されている背景には、お墓の後継者がいない、核家族などが関係していると言えるでしょう。子供が東京などの都会に住み、両親は地方に住んでいると、お墓を管理するのがとても難しくなってしまうのです。そのため、子供に迷惑をかけないように納骨堂を選ぶ人が増えていると言われています。このように、時代とともに、お墓に対する考え方も変わっているのです。